意外と需要が多いです! ドライバーの仕事とは

タクシー運転手は人気があります

車両を運転する仕事はたくさんあります。なかでも人気の職種はタクシードライバーです。ターミナル駅などに多数のタクシーが待機する様子はよく見かけますよね。この職種の人気は、歩合制の導入が大きな理由です。給与のシステムは会社により異なりますが、基本給に歩合制を加えている会社が多いのです。つまり、たくさんのお客さんを乗せるほど、給料が増えるしくみになっています。タクシー業界も競争が激しくなっていますが、いわゆる「お得意様」を確保できると意外なほど稼げるようです。

保育施設や老人ホームのバス運転手も人気

ドライバーの仕事として募集が多い例として、保育施設(幼稚園・保育園)や老人ホームが所有する車両のドライバーもあります。園児の送迎や、高齢者の通院やデイケアサービスの送迎が主な仕事です。大きめの車両を運転するのが通例なので、一般的な乗用車とは違う技術が求められます。また、幼児や高齢者を乗せることから丁寧な運転が必要とされるのも特徴です。正社員としての雇用は少ないかもしれませんが、施設にとって欠かせない役割です。

運送業の需要は増加傾向にあります

インターネット通販の拡大が影響して、運送業でのドライバーも需要が増えています。長距離のトラックドライバーや、一定エリア内で品物を運ぶ宅配便ドライバーなどです。宅配便ドライバーは、お中元やお歳暮の時期には臨時スタッフが募集されることもあります。宅配便もタクシーと同じように、運んだ荷物の量に応じて給料が変わるシステムが導入されている場合があります。自分で所有している車を使って荷物を運べる場合もあるので、乗り慣れた車で仕事ができますよ。

ドライバーの求人は、自動車を運転する職業なので当然運転免許が必要です。会社によっては第二種資格の取得支援をしてくれます。第二種運転免許は、タクシーやバス、代行車で依頼主を送迎する場合などで必要です。