始めるにはどうすればいいの?介護のお仕事

介護の仕事は常に募集がかかってます

超高齢化社会を迎え、認知症などをにより他者の介助を必要とする高齢者は増加の一歩をたどっています。そしてその担い手たる現役人口はどんどん減少しています。その為、介護業界はほぼ恒常的に人手が足りず、常に求人をかけているということが多いです。なので他の業種に比べると、採用の入り口は比較的門戸は開かれている業種です。なので、今から何か仕事を探しているという方はぜひ一度採用担当者に相談してみることをお勧めします。

未経験でも大丈夫なの?

介護の仕事は基本的に未経験からでも始めることができます。高齢者の日常的なお世話をするにあたり必要な知識や技術は、実際の仕事をしながらでも習得していくことが可能です。むしろ必要なのは知識や技術といった面より大切なのは、他者に対する配慮ができるかという点です。高齢者の傍でお世話させてもらう中で、高齢者のペースに合わせた落ち着いた対応ができるかということの方が重要です。最初からうまくできなくても、経験を積むことでできるようになることも多いので、経験の有無は気にせず飛び込んで、働きながら吸収していきましょう。

資格は採用選考時に持っていると有利

未経験でもできる仕事ではあるのですが、事業所によっては全くの無資格だと面接の声すらかけないということも耳にします。そこで、経験がなくても講習を受ければ取ることのできる「介護初任者研修」はお勧めです。毎週末3~5か月に分けて講義が行われまして、それを終了すると昔でいうところの「ヘルパー2級」相当の資格保持者として扱われます。こちらを持っていると未経験でも採用に有利に働くこともありますので、就労前に老人福祉の学習を兼ねて講習を受けておくとよいでしょう。

介護の求人を東京の近くで見つけたい時には、ハローワークや求人サイトなどの勤務条件の良い職場に目を向けることが肝心です。